ひでくんのっ!

好きを発信応援したい!臨床工学技士のひでくんが好き勝手やるブログです

臨床工学技士が医療機器を紹介してみた

 

こんにちは!

好きを発信応援したい臨床工学技士のひでくんです!

 

ブログを初めて1か月経過しました!

8月3日に開設

いろんなブログを読んだり、実際に記事を書いてみたり

サイトのデザインどうしようとか

考えて実際に記事をアップロードし始めたのが18日

 

目標にしていた

記事40達成

読者100達成

PV3000←カミングスーン

もボチボチ達成できそうです

 

いろいろありましたがおかげさまで楽しく続けられてます

 

ありがとうございます

 

あんまり反響ないだろうと予想してた臨床工学技士シリーズ…

 

ありがとうございます!好評でございます笑

 

hideaki250311.hatenablog.com

 

 

hideaki250311.hatenablog.com

 

ということで…

医療機器のスペシャリスト臨床工学技士ひでくんが…

医療機器に焦点をあてていきたいと思います!

 

 

医療機器ってなんぞや?

 

医療機器(いりょうきき/medical devices)は、人もしくは動物の疾病診断治療もしくは予防に使用され、または人もしくは動物の身体の構造もしくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等(医療用品、歯科材料、衛生用品など)である。

wikiより

 

 医療機器 に対する画像結果

 

 こういうやつらですね…

 

病院やクリニックで行われる医療に用いられる器具や機械全般を

医療機器と称しています

 

 

 漠然としていてイメージがわきにくいかと思いますので代表例をあげます

 

・病棟で患者の輸液・薬剤管理をするための輸液ポンプ・シリンジポンプ

 

 シリンジポンプ に対する画像結果

 

・超音波を用いて患者の体を丸裸に 超音波画像診断装置(エコー)

 

 超音波画像診断装置 に対する画像結果

・手術で欠かすことのできない便利屋 電気手術装置(電気メス)

 電気手術装置 に対する画像結果

 

・手術位置を確認 X線画像診断装置(イメージ)

Cアーム に対する画像結果

 

と上げだしたらキリがないです

現在日本で医療機器として登録されているものは全部で約30万点と言われています

 

これらを管理するために臨床工学技士は日夜、取扱説明書などと向き合っているんです。

 

一台につき1点とは限りません。分厚い取説が2、3冊あるケースもあります。

 

その情報量たるや…orz

 

投げ出したくなる気持ちもありますが…

 

医療機器1台1台丁寧に管理していく必要があるんです

 

なぜなら患者の命に繋がっているからです

 

治療・診断の結果に繋がる医療機器は保守点検がされて初めて

カタログスペックの品質が担保されます

 

買ってすぐなら問題が起こりにくいかもしれません

何年も使っていると劣化します

 

ここは車と一緒ですね

しっかり常日頃からメンテナンスや車検をして安全を担保しておく

 

医療機器も同じです

高価な機器で大事に使いたいからこそ日頃からの保守点検が大事なんです

 

っと脱線しました

 

今回は病棟で使われる輸液ポンプについて綴りたいと思います

輸液ポンプ に対する画像結果

こんなやつです~

(写真はTOP2300って機種です)

 

病院にお見舞いにいったらこんな機械がベッドサイドにあったことないですか?

 

「輸液ポンプ」って言います

 

輸液ポンプ(ゆえきポンプ、Infusion pump)は、点滴静脈注射を施行する際に利便性と安全性を高めるために使用される医療機器である。

wikiより

 

患者さん体調を医師が管理していくうえで輸液を行います。

食事が取れれば一番いいですが意識のない患者など難しい場合も多いです。

そこで患者さんの血管に直接管を指して輸液製剤を流す「点滴静脈注射」いわゆる点滴を行います

このことを輸液っていいます

 

水分を入れないと体から出ていくばかりで患者が干からびてしまいます…

また、水分だけでなくカロリーや電解質といった生命を維持するうえで

必要なものを入れていきます。

 

これって患者さん1人1人で適正な量が異なります

医師は毎日状態を見ながら、1人1人計算して指示を出すんですね

 

で…

輸液を行うときに活躍するのが輸液ポンプってわけです!

 

以前は看護師さんが自然滴下っていう方法で全症例行っていました

詳しくはこちらでどうぞ!

 

要は20滴、60滴で1ccだからそれを下に計算して点滴の速さをコントロールしているんです

 

病棟看護師さんは患者さん1人1人を回っていくんです…

たいへんでしょ?

 

というか至難の業ですよ

それでなくてもナースコール対応、薬、検査などなど

他の仕事もたくさんありますから…

 

そこで輸液ポンプ君の出番です(何

 

時間当たり何cc送るか設定して、

スタートすれば終わりまで見守ってくれるんです

 

途中問題があればアラームでご主人様(Ns)に教えてくれます!

看護師さんも安心して任せられるってわけです

 

日中だろうと夜間だろうと24時間365日戦える輸液ポンプ君…

あんた最強や!

 

こういった医療機器が今の医療を支えてるんです

 

弱点もあるけど…

その話はまたの機会に…(何

 

今回は医療機器ってなんぞや?輸液ポンプってなんぞや?

って話でした

 

他の医療機器についてもそのうち紹介できればと思います

以上

 好きを応援発信したい臨床工学技士のひでくんでした

最後まで読んでくれてありがとう

またきてね~

2018.9.11

ひでくん