ひでくんのっ!

好きを発信応援したい!臨床工学技士のひでくんが好き勝手やるブログです

臨床工学技士が医療機器について語ってみた

こんにちは!

好きを発信応援したい臨床工学技士のひでくんです

医療機器紹介シリーズ第2弾ということでやっていきます

 

前回は輸液ポンプに触れたんですけど…

 

hideaki250311.hatenablog.com

 

ということで今回はこれ!

高圧蒸気滅菌 に対する画像結果

 

なんだか分かりますか?

大きな箱に操作パネルとドアがついてますね…

 

 

これは「高圧蒸気滅菌器」と称される医療機器です

通称オートクレーブって言ったりします

 

医療行う上で非常に重要な機材の再生処理を行うための機械です

 

医療をするために必要になってくるのは

 

 

モノ

 

情報

 

その中でモノは不特定多数の患者に再使用されるケースもあります

他人に使ったものをそのまま次の人へ…

 

やめてちょうだいっ

 

ってなりますよね

 

僕は絶対に嫌です

 

じゃあどうするか?

 

再使用する場合は材料室で再生されることになります

 

きれいに洗浄

洗浄だけでは不十分な場合には滅菌or消毒されます

 

再生されると新品同様安全に使用できます

ゴミも出ない経済的です

 

 どこに使う器材か?

それにより再生工程を決めます

 

 

例えば

手術で使う器械は滅菌しましょう

診察台は拭き掃除しましょう

 

って感じです

 

この滅菌をする医療機器がこれ↓

高圧蒸気滅菌 に対する画像結果

 

 高圧蒸気滅菌器っていいます

 

最近の高圧蒸気滅菌器は

モノを入れてスイッチをON

あとは時間が経つのを待つだけで滅菌できちゃいます

電子レンジみたいですね(何

 

原理は

高圧高温の蒸気(134℃以上)で微生物をやっつけます

シンプルイズベスト

説明も楽

 

 

他にも滅菌する方法はありますが…

医療施設での第一選択はこれになります

 

なぜなら

①コストが安い

②安全性が高い

③滅菌の信頼性

 

モノに毒性のあるものが残留しません

使うものは水です

安全ですよね

 

高圧蒸気滅菌器は歴史が長いので長年培われたノウハウにより滅菌精度が高い

信頼性の高い方法になります

 

他の滅菌方法は薬剤を使用するのでランニングコストがかかります

高圧蒸気滅菌は水です

安い

 

高圧蒸気滅菌器はサイズが様々です

電子レンジくらいの大きさのモノもあれば

人が入れるくらい大きいものもあります

 

小さいものは30万円前後で導入できるので

クリニックさんでも使われてますよ

 

最近は時代の流れで使い捨ての資材も多くなりましたが…

現場ではまだまだ活躍の機会が残っている優秀な医療機器です

 

hideaki250311.hatenablog.com

 

 

hideaki250311.hatenablog.com

 

 

以上

好きを発信応援したい臨床工学技士のひでくんでした

最後まで読んでくれてありがとう

またきてね!

2018.9.15

ひでくん