ひでくんのっ!

好きを発信応援したい!臨床工学技士のひでくんが好き勝手やるブログです

ルールの作り方!シンプルに考えた方がうまく行くよ

こんにちは!

好きを発信応援したいひでくんです!

今日のテーマは、

ルールの作り方!シンプルに考えた方がうまく行く!

ということでお送りしますっ

 

ざっくり見出し

●ルールとは?なんで必要?

●ルールは複雑な方がいい?シンプルな方がいい?

●成功したければルールは5つまでに絞るべき!

●成功事例!トリアージに学ぶ!

●今日からできる成功できるルールの作り方!


f:id:hideaki250311:20180813194507j:image

みなさん、ルール作りで悩んでいませんか?

 

僕も他人が作った難しくって覚えられないルールに出会って憂鬱になることがあります。

 

長いわっ!ここまで決めないとダメなの?ってなります…

 

反対に自分で作ったルールが相手に伝わらなくて悩んだこともあります。

 

分かりやすくと頑張ったのに…

 

なんでルールがあるのに悩むんでしょうか?

 

●ルールとは?なんで必要?

 

ルールって?

Wikipediaより

ルール(rule)とは規則、規制、慣例、しきたりなどを意味する英語

 

ルールって何のために作るんでしょう?

作る過程を楽しむ?

作った満足感に浸る?

 

意味のないルールは害悪です

 

僕が思うに人は選択肢があれば迷います。

物事が複雑に絡み合っていれば尚更です。

 

私も選択肢がたくさんあると迷います。

 

そこで迷いが生じるであろう状況であってもルールがあり、それが周知徹底されていれば迷わず選択できます。

 

ルールを作る本来の目的は、

人が迷う状況で上手く選択することができるように案内をしてあげることです。

 

 

 

皆さんは「何も考えず、会議の時間を変更したら、他の会合とスケジュールが重なった」なんて経験はありませんか?

 

ちゃんとしたルールがあれば問題ないです。

が…

 

現実だとルールが複雑で覚えられない。

そもそもルールが守られていない。

 

これってルールがある意味あるんでしょうか?

 

●ルールは複雑な方がいい?シンプルな方がいい?

 

ルールが守られない状況には、根本的原因としてルールが複雑過ぎるといったことがあります。

 

あらゆる状況に対応しようとしてルールを複雑にした。

結果として、作った本人覚えられないくらい長くなっちゃったルールってありませんか?

 

作った本人は凄いものを作った、これなら上手くいくだろうと満足するのですが…

 

人は複雑なものを面倒だと感じます。

複雑なルールは読んでもらえないですね。

 

ただルールを複雑にして、選択肢を狭めただけでは上手く機能しません。

 

ルールはシンプルがいいんです。

 

誰でも理解できるようにシンプルにしたら説明が楽、広まりやすくなります!

ただし、注意する点があります。

 

とにかくシンプルにすればいいんでしょうか?

 

シンプルなルールは要点を押さえているということが重要です。

何が大事か、どうすれば上手くいくかの要点は網羅されている必要があります。

 

シンプルであることは、ただ単純であることとは違うんです。

 

何も考えずルールを単純にしただけでは、要点が漏れてしまってますます困った状況を招くことになりかねません。

 

●成功したければルールは5つまでに絞るべき!

 

あれもこれも対応できるようにルールを複雑に大きくすると、ルールに則っているかばかりに気をとられてしまって柔軟に対応できなくなります。

 

迅速に物事を判断するためにルールを決めたはずなのに、それができないルールは必要なのでしょうか?

 

ルールを大きくし過ぎないために、多くても5つ程度に絞るべきとお伝えします。

 

●成功事例!トリアージに学ぶ!

 

みなさん、トリアージってご存じでしょうか?

 

シンプルなルールで成功した具体的な事例としては、今や災害医療の現場で今や欠かすことのできないトリアージという手法があります。

 

トリアージは、災害時などの多くの患者に対してごく限られたリソース(物資、人員、時間)しか提供出来ない状況における考え方です。

治療する前に患者一人一人の状況を分類してより多くの人に最適化した医療を提供しましょうという考えです。

やることは下の図の4つのグループに分類するだけです。

f:id:hideaki250311:20180814193459j:image

シンプルながら、トリアージの効果は絶大でした。救命率が明らかに上昇したのです。

 

トリアージの導入前は、運ばれてくる順番で治療をしていたそうです。

かすり傷の軽症者や助かる見込みのない黒の患者にリソースを割いて、すぐに処置すれば助けられた重症者が亡くなっていた時代があったそうです。

 

迷いが生じる危機的状況において、トリアージは迅速かつ適切な判断をする手助けとなったのです。

 

何故なら誰もが実践可能なシンプルなルールかつ救命における要点が押さえられていたからです。

 

 

●今日からできる成功できるルールの作り方!

 

具体的にルールを作ってみましょう!

ここでは、ブログのアップロードについてルール作りをします。

 

①ルールを作る前に決めなければならない項目を洗い出しましょう。

何が大事か考えます。

 

②時系列に並び替えましょう。

やる順番に並び替えます。

 

③不要な項目や重複する項目がないか確認します。

効率が上がる方法がないか考えます。

 

④具体的かつ誰でも伝わる簡単な言葉に直します。

 

<例>

・テーマ(伝えたいことは何か)決める

・フォーマット(起承転結など話の流れ)を決める

・チェックは3回

 ネーム書いた後→情報収集した結果をフィードバックした後→  アップロード前に

・毎日更新する

→やりたいときに更新します!

・添付画像は2枚までにする

 

僕は記事を書く前に、伝えたいことや伝え方を決めてます。

記事の内容に責任を持ちたいのでチェックをします。

画像はイメージを伝えるツールであり、メインコンテンツは文章だと思うので枚数を制限します。

情報発信は積み重ねだと思うので毎日行います。

 疲れたら休むのも大事、やりたいと思った時が更新どき!

このようにルールを作るとシンプルで、誰でも実践できます。

 

ルール作りで意識するべき点は以下の4つです。

 

・要点を押さえている

・人にあわせてカスタマイズ可能

・具体的である

・ルールが少ないこと

 

最後までお付き合いありがとうございます。

好きを発信応援したいひでくんでした

また来てね!

 

2018.8.18

2018.8.24

2018.8.31

ひでくん